ルプルプの評価・評判

MENU

手軽に使える白髪染めのルプルプ(LPLP)

 

トリートメント感覚で使うことができる「ルプルプ」は、髪の毛や頭皮にかかる負担が少ない白髪染めとして、売れ筋ランキングの上位にあがっています。染めるときに手に付いてしまっても、石鹸で落とすことができる手軽さや、液だれしない使いやすさなどから、手軽に使うことができると評価されています。ここでは、実際にルプルプを使用している人の評価や口コミについてご紹介します。

 

白髪染めのルプルプの評価と口コミ

 

ルプルプの評価で多くみられたのが、カラートリートメントなのに白髪染めの効果が高いということです。髪の毛のツヤやハリを保ちながら、きれいな色に染まるという口コミが多くあり、髪の毛がツルツルになったという感想もありました。

 

また、ツンとした匂いがなく、良い香りがするので使い続けられるという声もみられました。乾いた髪の毛に使用すると効果が高まるという口コミが多く、放置時間を長めにすると、白髪が目立たなくなっていくようです。また、染めるときにシャワーキャップを使用すると、しっかり色がつくという意見もありました。1回でしっかり染まるわけではないけれども、何度か使っているうちに自然な色合いに染まっていくという声もありました。

 

使うのに慣れてくると、トリートメントのような感覚で負担を感じることなく、使うことができるという口コミもありました。さらに、髪の毛を洗い流すときに色水のきれがよく、お風呂掃除が楽にできるという感想がありました。染め上がりの色合いについては個人差もあるため、ブラウンやブラック、ダークブラウンなど、複数の色を試す方が多いようです。美容院で染めるまでの間に自宅で不定期に使用しているという方もいて、定期購入以外にも、ドラッグストアで手軽に購入できるようになるとよいという意見もありました。

 

 

白髪染めのルプルプの効果的な使い方!

 

ルプルプは、一般的な白髪染めのヘアカラーと異なり、髪の毛の表面に色素を付着させて、徐々に浸透させるしくみになっています。そのため、髪の毛や頭皮にかかる負担を抑えながら、自然に白髪染めをすることができます。染める間隔も、ヘアカラーと比較して短くすることができますので、白髪が気になる部分に多めに塗ったり、自分で調整しながら染めることができます。

 

汚れにくいのでいろいろな場面で使える

 

ルプルプは一般的な白髪染めと異なり、染めるときに手に付いてしまっても、石鹸を使えばきれいに落とすことができます。また、液だれすることがありませんから、思い立ったときに気軽にいろいろな場面で染めることができます。家の中で家事をしながら染めたり、テレビを見ながら染めることもできます。また、お風呂でなじませて、ゆったり浴槽につかるのもおすすめの使い方です。

 

効果的に使うためには、素手とコームを併用するのがおすすめです。素手で届きにくい生え際やこめかみは、コームを使って馴染ませると、細かなところまできれいに染めることができます。しっかり染めたいときには、馴染ませる時間を長めにすると、色持ちが良くなります。最初は10分程度で試してみて、様子を見ながら、20分、30分と時間を伸ばしていくとよいでしょう。

 

ルプルプは、1回の使用で一気に染まるのではなく、少しずつ自然に染まっていくのが特色です。髪の毛にかかる負担が少ないので、トリートメント感覚で使用することができるのがメリットです。週に2〜3回程度継続して使用すると、効果が高まるとされています。

 

いくつか試して自分にぴったりな方法を選ぶ

 

ルプルプは、洗面所や手に付いても、きれいに落とすことができますので、ライフスタイルに合わせて、染める時間や場所を自由に選ぶことができます。昼間のリラックスタイムに使用したり、朝、シャンプーする前に使ったり、自分の都合の良い時間に使うことで、負担なく白髪染めをすることができます。染めるタイミングや時間などをいろいろ試してみることで、自分に合ったペースや時間で染められるようになり、髪の毛をきれいに保つことができます。

 

 

まとめ

 

ルプルプは、素手とコームを併用することで効果的に白髪染めをすることができます。手に付いてもせっけんで落とせるので、家事の合間やテレビを見ながらなど、様々な使い方ができ、継続して使用することで、しっかりきれいに染まります。

 

 

キャンペーンを利用して効果を確認

 

初めて使う白髪染めは、最初に試して効果や相性を試したいものです。ルプルプの購入の際には、キャンペーンが実施されていることがあり、初めて購入する方限定でお得な価格で購入できる場合があります。全額返金保証も付いていますので、実際に試して、使い勝手や効果を確認するのがおすすめです。